色のお仕事するならApple製品がおすすめ

MacBook

新型コロナウィルス感染拡大が始まってから、すでに1年半以上が経ったというのに、対面でのパーソナルカラー診断や骨格診断など気を遣いながら行なう日々が続いていますね。

そんな中、パソコンを使いZoomなどでお客さまとコミュニケーションをとることも増えたのではないでしょうか。スマートフォンはiPhoneだけどパソコンはWindowsを使っているという方が多いようです。

ただ、カラーコーディネーター、カラーアナリスト、またイメージコンサルタント、パーソナルスタイリストなど色に関わるお仕事をする方には、パソコンもApple製品(Mac)を使うことをお勧めしたいです。

この記事ではなぜApple製品が良いのかをお話していきたいと思います。

WindowsパソコンやAndroid端末のディスプレイについて

Windowsという名称は、OSといってコンピューターの基盤となるシステムを指しますが、そのOSを使い各メーカー(NEC、東芝、富士通、DELLやHPなど)がパソコン本体を作って販売しています。これはAndroidのスマートフォンも同じ。
ということは、ディスプレイにもメーカーによる特性があり、ディスプレイの品質・色・明るさ・色の調整機能など基準が無く様々です。

Windowsディスプレイの色温度

色温度とは、光源が発する光の色を表すための尺度のこと。K(ケルビン)という単位で現します。昼間の太陽の光の色温度は5500Kくらい。数字が大きい値ほど色合いが青っぽくなり、小さい値ほど赤っぽくなります。

しかし、Windowsモニターは製造元がバラバラなので、デフォルトの色温度が高すぎたり低すぎたり、かなり調整が必要です。モニターの色設定がデフォルトのままだったりすると、本来の色とかけ離れた色である可能性が高いといえます。

また、設定を調整するといっても、一般的なWindowやAndroid端末は、簡単な設定しかできません。

Mac・iPad・iPhoneのディスプレイについて

一方Mac・iPad・iPhoneは、Apple社がハードウェアも、オペレーティングシステムもすべて1社で開発し、製造管理しています。アプリもAndroidと違い、Apple社が認めたものしかインストールできない仕組みになっているため、セキュリティ的にも安心です。

Macのディスプレイの色温度はデフォルトで6500Kあたりが基準、多くは色再現性の高い液晶パネルを使っています。さらにMacはカラーマネジメントの仕組みが整っているため、得に意識しなくてもWindowsディスプレイほどの色ズレはありません。

【 色温度の目安 】

これもデザイナーやフォトグラファーがMacを使っている理由のひとつです。
プロのフォトグラファーは、さらにモニターの色調整を正確に行うためにキャリブレーションという方法をとっています。

Apple社のPRのようになってしまいましたが、決してそうではありません。
この記事の筆者自身がデザイナーであり、皆さんと同じく深く色に関わってきましたので、ディスプレイの色については正しい情報を提供できることからお話してみました。

パソコンはMacを選ぼう

パーソナルカラーオンライン診断だけでなく、お客さまへお渡しするアドバイスシートや資料の作成にも、パソコンを使うと思います。

もちろん、Apple社の製品であっても、自分のパソコンディスプレイの問題だけでなく、お客様の環境も色に影響するため、Zoomなどを使ってモニターに映るお客様を見ながらパーソナルカラー診断をすることは難しいことに変わりません。
すでにオンライン診断のサービスを提供している皆さんは、なんらかの対策をされていることでしょう。

パソコンのディスプレイの色の再現性は、私たちの仕事に大きく影響するので、できるだけ性能が良いものを使いたいですね。

色のお仕事するならApple製品がおすすめ:まとめ

これまでWindowsを使っていた方は、最初Macの操作にかなり戸惑いますが、慣れてしまえばMacのほうが使いやすいはずです。

【 Apple製品の優れているポイント 】

  • 適正なディスプレイの色温度
  • カラーマネジメントの仕組みが整っている
  • iPadやiPhoneとのクラウド連携(同期)が便利
  • セキュリティに強い
  • デザインがオシャレ
  • サポートが秀逸

特に今年、新しく発売されたiMacは、カラーバリエーションが豊富。しかもマウスやキーボードもお揃いの色になっていて、インテリアのひとつとして絵になるオシャレなパソコンです。

Windowsやアンドロイド製品とApple製品がこれほど異なることを知らなかった、という方は、次回パソコンを買い替える際に検討してみてはいかがでしょうか。

記事執筆:株式会社プラスカラーズ / WEBデザイン・マーケティング担当 : 高木