【iPad+Pages】骨格&パーソナルカラー コーディネートレッスン方法

ご購入いただいたWordデータは、パソコンだけでなく、ipadでも利用できます

コーディネートレッスン

コーディネートレッスン

A4サイズ Wordデータ ¥1,980より

商品一覧

ipadにPagesアプリをインストールすることで、Wordデータを開いて使うことができます。PagesはWordと同じような機能を持つアプリ(無料)です。

※Microsoft365アカウント(有料)をお持ちの方はもちろん、iPadにWordアプリをインストールすることで、コーディネートレッスンをおこなっていただけます。

PagesでWordデータを開いた場合、「この書類はPagesでは違って見えることがあります。」という表示がでる場合がありますが、コーディネートレッスンに支障はありません。ただし、コーディネートを完成させたデータを違うアプリで開くとレイアウトがずれますので、WordかPagesのどちらか一方でご利用ください。

Word Pages

1.Word・Pagesアプリのインストール

Microsoft365アカウントを持っている人はMicrosoft Wordアプリ 持っていない人はPagesアプリをインストールしてください。

アプリのダウンロード

2.コーディネートレッスンの準備

iPadで購入してダウンロードしたZipファイルは、通常、iCloud Driveに保存されます。

iCloud Driveのショートカットアイコン(ファイルという名前)がホーム画面のどこかにありますので、タップして開くとダウンロードというフォルダの中にZipファイルが入っています。アイコンをタップして解凍してください。

ダウンロードフォルダ

コーディネートレッンに使用するデータを一式ダウンロードして、解凍しておいてください。

データを一式ダウンロード

※ダウンロードしたデータが見つからないという方はこちら
購入後ダウンロードしたデータの保存場所について

3.コーディネートレッスン方法

ここではPagesを使ってコーディネートレッスンをする方法を紹介します。

解凍したWordファイルをタップすると、Pagesが起動してファイルが開きます。右上の編集ボタンをタップすると、オレンジ色のツールバーに変わり、編集ができるようになります。

解凍したWordファイル

※ Wordファイルを開くときに、「この書類はPagesでは違って見えることがあります。」などの表示がでた場合は、右上の完了、または終了をタップし進んでください。

「この書類はPagesでは違って見えることがあります。」などの表示

フォントの警告を解消しておくと、次回から表示がでなくなります。

フォントの警告を解消

利用する骨格タイプのイラストをタップすると、上に黒いツールバーが表示されますので、コピーをタップします。
次にコーディネートレッスンをするページを作るため、左上の書類をタップしダウンロードフォルダに戻り、新規作成をタップします。

利用する骨格タイプのイラスト

テンプレートから空白をタップ画面をタップ→左上にペーストというボタンが表示されるのでさらにタップします。

テンプレートから空白をタップ

すると、先程コピーした骨格タイプのイラストが貼り付けられます。次に、また左上の書類をタップしてダウンロードフォルダに戻り、今度はアイテムのファイルを開きます

骨格タイプのイラストが貼り付けられる

同じようにアイテムをコピー➡先程ペーストした骨格イラストをタップした上で黒いバーのペーストをタップ

アイテムをコピー

するとイラストの上にアイテムがペーストされますので、ドラッグして位置を合わせてください
ピンチアウト(2本指でスマホ画面に触れたまま、指の間を離していく)して画面を拡大すると、合わせやすいです。
操作を取り消したいときは、ツールのUターンマークをタップすると戻ります。

ドラッグして位置を合わせる

位置を微調整したい場合は、
調整したい画像をタップして選択➡ツールの刷毛マークをタップ配置タブをタップ横に移動したい場合はXをタップ(縦の場合はY)➡計算機のようなツールが表示されるので、移動したい方向の矢印を少しづつタップして調整します。

位置を微調整

この手順で、いろいろなアイテムを合わせてみてください。
Pagesは、Wordと同じように、テキストを入れてデザインすることができます。それぞれの骨格やパーソナルカラーに合う、アイテムや色を見つけ出すレッスン教材にしたり、お客様に似合うアイテムやカラーの提案書を作ったり、オリジナルな使い方が可能です。
たとえば、パーソナルカラー診断で、2番目にお似合いのタイプの提案をするなど、自由に資料を創作してみてください。

自由に資料を創作

完成した資料は、PDFで書き出すことができます
Wordに書き出すこともできますが、Pagesで作成したデータをWordで開くとレイアウトが崩れますのでPDFで書き出すことをお勧めします。
(購入いただいたデータも多少ずれがありますが、コーディネートを行う上では問題ありません。ただ、文章を入れてレイアウトしたものはかなりのずれが生じます。)

完成した資料をPDFで書き出す

ファイル名を変更する場合は、アイコンを長押し名称変更をタップファイル名を入力します。

ファイル名を変更

変換したPDFを、さらにJPGに変換することもできます。
以下の「ilovepdf」というWEBサイトにアクセスして、PDFを選択してアップロード、JPGに変換します。(アプリ版もありますが、アプリをインストールしなくてもWEBブラウザ上で変換可能です。)

変換サイト
https://www.ilovepdf.com/ja/pdf_to_jpg

変換したPDFを、さらにJPGに変換